前へ
次へ

税理士の資格について

税理士の資格を取得したいと考えている人がいます。しかしそのためにはまず試験に合格をする必要があります。そして2年以上の実務経験を行ってそこで始めて税理士として登録をすることができるのです。この資格を持っている人にしかできない業務がいくつかあります。税務のエキスパートであるということで、独善業務があります。そのなかの一つに税務代理業務というものがあります。これは税に関する法律に基づいて、税務官公署に提出をする青色申告や確定申告の承認申請を行います。また税務署の決定などで不服がある場合には、それに対する申し立てや届け出を行うことができます。また税務調査の際には立ち会いが行われますが、これを納税者にかわって行うという業務もあります。

top用置換

top用置換2
Page Top